他のグループとの交流レポート(Gaviões do Morro Batizado e troca de cordas)

他のグループとの交流レポートです。
香川県高松で活動しているGaviões do Morroのバチザードにお祝いに行ってきました。

バチザード(正式にはBatizado e troca de cordas)というのは、カポエイラにおける帯を貰ったり、いわゆる昇段に相当する式です。先月11日には、僕たちのグループのバチザードが東京でありました(生徒が増えたら広島でも開催したいと思っています)。年に一度のお祝いの場なのですが、その際に他のグループの指導者や生徒がたくさん駆けつけるのです。

バチザードでは、生徒はほかのグループの指導者にお祝いとしてjogo(ジョーゴ、組手)をするのがしきたりです。すなわち、カポエイラでは他のグループとの交流は欠くことができない要素なのです。

Gaviões do MorroのMestre Moleza(メストレモレーザ)とはもう15年近いお付き合いです。
高松から東京まで、何度もお祝いに来てくれました。僕もバチザードにお祝いに行ったり、遊びに行ったりで随分長い間お世話になっています。今回はそのお返しと、近くに教室作ったよ!という報告に行くのです。

メストレというのは、カポエイラの最高位、武道でいうところの師範に相当する称号と思います。グループによって違ったりするのですが、だいたい最終到達地点であり、最も敬意の払われる存在です。要するにすごいえらい人なのです。

高松までは高速で2時間半。瀬戸大橋を渡っていきます。瀬戸大橋の途中にあるサービスエリアで、せっかくだからとうどんを食べようとすると「無い」とのこと。うそー!?と思ったら、それ専用の建物が隣にあるということでした。さすが。

udon1うどん県入口にてさっそくうどんの洗礼を受ける

最初はCorrente Negra(日本では神戸で活動いているグループ)のブラジルから来た
Mestre UH(メストレウー)のワークショップでした。これがものすごく面白かった!とても勉強になりました。Mestre UHは歌も素晴らしかった。

そのあと、Gaviões do Morroの生徒さんたちのお祝いと、交流ホーダでした。みんなすごいアグレッシブで盛り上がりました。お祝いにいった人間としてもとても楽しめる、熱気のあるバチザードでした。

ある程度経験を積んだ生徒が増えてきたら、一緒にいけたらなあと思います。生徒同士で仲良くなったり、色々な思い出が積み重なっていきます。このような交流や、旅もカポエイラの大きな魅力です。

molezaprego(自分)、Mestre Moleza、Mestre UH

molezabatizadoMestre Moleza、生徒の皆さんおめでとうございました!
来年はもっと大人数で行けたらいいなあ。

udon3 udon2ちなみに帰りもうどん食べて帰りました。
グルメもカポエイラの楽しみの一つです(個人的な感想)。
日本中飛び回ってかつ現地の友人においしい店聞けますからね~!

(prego)